たびはれさんの脳内トラベル

元添乗員たびはれさんによる脳内トラベル紹介ブログときどき子育て日記

「インカの聖なる谷」ウルバンバ渓谷(ペルー)を見学。インカ帝国の首都クスコからマチュピチュへ!

オラ!(スペイン語でこんにちは)

先日、ペルー、インカ帝国の首都だったクスコについてのブログを書きました。

tabihare.info

今回は、そのクスコから、だれもが見たいマチュピチュまでに広がる通称「インカの聖なる谷」こと、ウルバンバ渓谷についてご紹介したいと思います。

 

目次

 

インカの聖なる谷はどこにある?

ウルバンバ渓谷(Valle Urubamba)はインカ帝国時代の首都であったクスコを取り囲むように存在し、重要建築物の遺跡が複数残っていて、観光地としても人気がある地域です。

インカの聖なる谷(Valle Sagrado de Los Incas) とも呼ばれていて、みどころがいっぱいです。

 

インカの聖なる谷へはどうやっていく?

先日の記事のようにまずはクスコまで行きましょう!

tabihare.info

その後、陸路でクスコ郊外へいけば、そこは「インカの聖なる谷」ウルバンバ渓谷です。

クスコとマチュピチュの間の箸休め的に考える旅行者はいますが、たびはれ的にはここもとっても素晴らしく、みどころいっぱいな場所だと考えます。

 

 

るるぶペルー (るるぶ情報版)

るるぶペルー (るるぶ情報版)

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: ムック
 

 

インカの聖なる谷のみどころ

ウルバンバ渓谷内には沢山の見どころがあり、ひとつひとつご紹介します。

f:id:tabihare-i-s:20200630210300j:plain

沖縄のシーサーのような守り神が、家の軒先に飾られています。

f:id:tabihare-i-s:20200630210438j:plain

美しい風景

 

聖なる谷―空中都市マチュピチュを超えて

聖なる谷―空中都市マチュピチュを超えて

 

 

サクサイワマン

クスコ郊外にある要塞跡と言われている場所。

最近の研究では要塞というよりは何か宗教的儀式を行っていた場所だったのではとの見方が強いそうです。

いずれにせよ巨石をいくつも組み合わせて建築物をつくる技術の高さには驚きです。

f:id:tabihare-i-s:20200630205730j:plain

巨石が美しく積み上げられています。

f:id:tabihare-i-s:20200630205837j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630205909j:plain

 

チンチェーロ

坂道をゆっくりゆっくり登っていくとある遺跡。

途中、お土産物屋さんで伝統的な草木染めの様子を見ることもできます。

インカ時代のものですが、ほとんど残っておらず、今は教会が上に立っています。

広場はお土産屋さんがたくさんいて楽しい雰囲気です。

f:id:tabihare-i-s:20200630205329j:plain

遺跡への入り口

f:id:tabihare-i-s:20200630205406j:plain

インカの伝統的な草木染の様子

f:id:tabihare-i-s:20200630205436j:plain

教会

f:id:tabihare-i-s:20200630205456j:plain

遺跡の全容

f:id:tabihare-i-s:20200630210802j:plain

リャマやアルパカ人形

モライ

段々畑の実験農場です。
その標高差によって、気温差があって、どのような農作物が作れるかを研究していたと言われています。

f:id:tabihare-i-s:20200630214112j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630214205j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630214237j:plain

 

ピサック

日曜日に定期市が開かれます。

たまたま日曜日に通りかかったので、のぞいてみました。

f:id:tabihare-i-s:20200630220309j:plain

市場にいたアルパカ

f:id:tabihare-i-s:20200630220448j:plain

市場の様子

f:id:tabihare-i-s:20200630220516j:plain

様々な種類のトウモロコシ!!!!

f:id:tabihare-i-s:20200630220638j:plain

市場の様子。

f:id:tabihare-i-s:20200630220858j:plain

市場に居たこどもたち。

 

オジャンタイタンボ

有名なインカ遺跡がありますが、古い慣習を守り続けている人びとが暮らす街並みを見ることもできます。

f:id:tabihare-i-s:20200630222016j:plain

きれいな石段の街並み

f:id:tabihare-i-s:20200630222126j:plain

伝統的な家屋

f:id:tabihare-i-s:20200630222443j:plain

食用ネズミ「クイ」

f:id:tabihare-i-s:20200630222748j:plain

ご先祖の骨やリャマのミイラを家の中に祀っていました。

オジャンタイタンボの要塞。

向かいの山にインカの王の顔が浮き出るように見えました。

インカの一行はスペイン軍が攻めてきた時この要塞に籠り、一度は撃退したといわれています。頑張って階段を登っていくと要塞の上のほうには太陽神殿跡とも言われる建造物があり、巨石を組み合わせるインカの技術の高さに驚かされます。

f:id:tabihare-i-s:20200630223052j:plain

巨石

f:id:tabihare-i-s:20200630223122j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630223146j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630223227j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200630223314j:plain

遺跡から見えるお土産物屋さん

オジャンタイタンボからマチュピチュ遺跡の麓のマチュピチュ村までは鉄道に乗って移動するのが一般的です。(山道で、道幅が狭く、車では移動しづらいため)

f:id:tabihare-i-s:20200630223706j:plain

インカレールのビスタドームという車両。

この先、マチュピチュ村についても書きたいなーと思いましたが、今回はここまでにしておきます!(笑)

 

「インカの聖なる谷」ウルバンバ渓谷(ペルー)を見学。インカ帝国の首都クスコからマチュピチュへ!のまとめ

クスコからマチュピチュ間に広がる聖なる谷について書きましたが、いかがだったでしょうか。

昔から変わらぬスタイルで生活する現地の人々の姿や、市場の様子など、大観光地マチュピチュだけでないペルーの姿を見ることができる場所かもしれません。。

インカ時代の遺跡に触れ、当時の栄華を偲びながら、見学するのも面白かったです。

そして、その思いを抱き、心躍らせながらマチュピチュ村に到着し、マチュピチュ遺跡を訪れた時の感動は、忘れることができない思い出となることでしょう!

(※今回、マチュピチュ遺跡については書きませんが、、笑)

 

心置きなく海外旅行に行ける時が来たら、やっぱり聖なる谷を抜けてマチュピチュにいきたいなーと思いました。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!!!

f:id:tabihare-i-s:20200630224935j:plain

売られていたちょっと不気味でちょっとかわいい人形

f:id:tabihare-i-s:20200630225035j:plain

スターバックスならぬ、インカバックスコーヒー!!(笑)

過去に書いた南米の記事はこちら👇👇

 

tabihare.info

tabihare.info

tabihare.info

tabihare.info

 

tabihare.info

 

元添乗員がおすすめする海外作家の絵本 その⑥『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』ヒューストン宇宙センターについても紹介

こんにちは!

たびはれです。

 

子供の将来なりたい職業に、最近「宇宙飛行士」ってあまり見ないですね。

以前は人気があったようですが、アメリカでも人気が下がり、今はユーチューバーが人気だそうです。

 

しかし、子供は宇宙へのあこがれは抱くもの。

スターウォーズが不動の人気なのにはそういった要素もあるかもしれないな、と思います。

たびはれキッズも、一度も見たことないスターウォーズに漠然とした憧れを抱いています(笑)

 

 

今回はたびはれおすすめ絵本の第6弾!

『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』についてご紹介します!

 

前々回にご紹介した『熱気球 はじめてものがたり』とジャンルは似ている気がします。

事実であり、科学や地学といった理系のお勉強系。

お勉強系というと固く感じるかもしれませんが、子供に分かりやすく、視覚でも楽しめる絵本です。

 

今年の5月末には世界初、有人の民間宇宙ロケットが宇宙ステーションに到着しましたよね。

まだまだ未知な宇宙はどこか神秘的で、どこか恐ろしい。

たびはれキッズ達は興味はあるけど怖い、という気持ちのようです。

そんな宇宙をかわいいタッチのイラストともに紹介してくれる絵本です!

 

 たびはれのその他の絵本紹介記事↓↓↓

tabihare.info

tabihare.info

tabihare.info

tabihare.info

tabihare.info

 

目次

 

絵本『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』の基本情報

 

まずはこの絵本の基本情報をご紹介します。

  • タイトル:ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで(英:EARTH! MY FIRST 4.54 BILLION YEARS)
  • 原作:ステイシー・マカナルティー(Stacy McAnulty)
  • 絵:デイビッド・リッチフィールド(David Litchfield)
  • 訳:千葉 茂樹(ちば しげき)
  • 監修:渡部 潤一(国立天文台教授)
  • 発行者:野村 敦司
  • 発行所:株式会社 小学館

 

作者プロフィール

  • 名前:ステイシー・マカナルティー(Stacy McAnulty)
  • 出身:アメリカ ニューヨーク州
  • 出身校:バッファロー大学
  • 経歴等:大学で機械工学を学び、卒業後はB / E Aerospaceにてエンジニアとして働く。2014年にエンジニアをやめ、執筆業へ。現在は夫と子供3人、犬3匹と共にノースカロライナに住んでいる。主な著絵本「たいよう 1,000おくに ひとつの たいせつな ほし」や「つき ちきゅうの いちばんの ともだち」がある。

参照ページ:

www.stacymcanulty.com

 

 

イラストレータープロフィール

  • 名前: デイビッド・リッチフィールド(David Litchfield)
  • 出身地:イギリス
  • 経歴等:幼いころから絵を描き、雑誌や新聞の挿絵、Tシャツのイラストなど活躍の場を広げている。

公式インスタグラムより↓↓↓

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

David Litchfield(@david_c_litchfield)がシェアした投稿 -

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

David Litchfield(@david_c_litchfield)がシェアした投稿 -

 

 参照ページ:

www.davidlitchfieldillustration.com

 

訳者プロフィール

  •  名前:千葉 茂樹(ちば しげき)
  • 生年月日:1959年生まれ
  • 出身地:北海道
  • 出身校:国際基督教大学
  • 経歴等:大学卒業後は児童書編集者を経て翻訳家に。主な訳書に『スター・ガール』、『スキャット』、『彼の手は語りつぐ』、『雲じゃらしの時間』などがある。

 

参照ページ:

www.ehonnavi.net

 

 

ウエズレーの国

ウエズレーの国

 
あたまにつまった石ころが

あたまにつまった石ころが

 

 

絵本『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』はここが面白い!

裏表紙にも記載されているのですが、この本の面白い点は、「ちきゅう」が主役で「ちきゅう」が教えてくれるところにあります。

 

「ちきゅう」を中心に語られる宇宙の世界は、火星や金星などをちきゅうの兄弟と表していたり、「つき」を一番の友達と表現したりしていて、とても親しみやすく書かれています。

 

訳文がとてもやわらかい話口調の表現となっており、優しいち地球、というイメージがわきます。

 

そんな中、自転や公転についてもさらり、と描かれていたり、ちきゅうが誕生した歴史がイラスト共にわかりやすく描かれていたりします。

 

生き物の誕生や氷河期についてもかかれて、最後の3ページは「人間」について書かれています。

 

にんげんははじめて地球を知ろうとした生き物である、と。

人間が時に「ちきゅう」に乱暴したりする事実も隠さず伝えており、最後は地球を大事にして、というメッセージが「ちきゅう」から発せられて締めくくられています。

 

新型コロナが発生して世界中がロックダウンし、空気がきれいになった、なんてニュースを見ましたよね。

今だからこそ子供に読んであげたい1冊かなぁとも思います。

宇宙への興味、自分たちが住んでいるこの地球への興味をさりげなく引き出せる1冊です!

 

ヒューストン宇宙センターのみどころ

さて、ここからは簡単にヒューストンの宇宙センターについてご紹介します。

 

宇宙センターとは?

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NASA Johnson Space Center(@nasajohnson)がシェアした投稿 -

宇宙センターとは、俗に宇宙に関する活動に従事する施設の総称をいいます。

そして、アメリカ国内にはヒューストンだけでなく各地に様々な施設があります。

 

  • ケネディ宇宙センター(フロリダ州ケープカナベラル):射場施設
  • ゴダード宇宙飛行センター(メリーランド州グリーンベルト):研究施設
  • ジョンソン宇宙センター(テキサス州ヒューストン):運用管制・飛行士訓練施設
  • ジョン・C・ステニス宇宙センター(ミシシッピ州ハンコック郡):試験施設
  • マーシャル宇宙飛行センター(アラバマ州ハンツビル):研究施設

引用:Wikipedia

 

 

ヒューストンにあるジョンソン宇宙センターのみどころ

ヒューストンにあるジョンソン宇宙センターはアメリカの宇宙開発施設でも重要な場所で、月面着陸でお馴染みのアポロ計画の際に開発された、史上最大のロケット「サターンV」の展示やアメリカの宇宙開発の歴史を知ることができる人気観光スポットです。

 

この宇宙センターには、宇宙に関するギャラリーの他に、宇宙飛行士訓練センターなどを見学できるツアーもあります。

訓練用の宇宙ステーションなどもあり、実際に宇宙で使用しているものの展示などもあり、子供も大人も楽しめる場所です!

 

NASAが開発中の新有人宇宙船オリオンも見られます。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NASA Johnson Space Center(@nasajohnson)がシェアした投稿 -

 

宇宙飛行士の訓練場。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NASA Johnson Space Center(@nasajohnson)がシェアした投稿 -

 

元添乗員がおすすめする海外作家の絵本 その⑥『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』ヒューストン宇宙センターについても紹介のまとめ

表紙のイラストから癒される絵本『ちきゅう 45おく 4,000まんねんの おもいで』と、ヒューストンのジョンソン宇宙センターについて少しご紹介しました。

 

たびはれ夫婦は完全に文系で、理系の話をうまく生活に取り込むことが苦手です・・。

でも、こういった絵本は私自身とても面白い!

子供と一緒になって「へーーそうなんだ!」とか「だから地球には朝と夜があるんだよ」など、自然と普段の生活の小さな疑問に答えられる絵本です。

 

3~4歳になると子供ってすごい質問してきますよね。

なんでなんで?とどこまでも(笑)

自分が弱い分野については一緒になんでだろう、と私は考えこんじゃうのですが、子供が納得できるような絵本に出会えると素敵だなと思います。

 

この絵本は地球や宇宙について、簡単にでも事実を教えてくれる絵本でした。

地球に興味を持ったお子さんお子さんにも、地球というものを教えたいなぁというお父さんお母さんにもおすすめできる1冊です!!

 

 

 

インド北東部・お茶の名所ダージリン。かわいい鉄道トイ・トレイン(Darjeeling Toy Train)にも乗ってみた!!

ナマステ!(インド・ヒンディー語でこんにちは)

いよいよ夏がやってきて、水分補給を忘れずにこまめにしていきたいですね。

たびはれは緑茶も好きですが、紅茶も大好きで、冷たくしてよく飲みます。

 

今回は、インドでも世界的に紅茶で有名なダージリンについて書きたいと思います。

それでは、脳内トラベルに出発!!

 

 

目次

 

ダージリンってどこにあるの?

インドの北東部、西ベンガル州です。

お茶の産地として有名で、スリランカ(セイロン)、中国のキーマン(祁門)と合わせて、世界三大産地として有名です。

 

たびはれ個人的な意見ですが、「紅茶の産地?」と聞かれ、すぐ思いつく場所と言えば、ダージリンではないでしょうか。

ダージリンにはどうやって行く?査証(ビザ)は必要??

インドのダージリンへは直行便はありません。

首都デリーか、北東部の大都市コルカタ(カルカッタ)まで行って、そこから、国内線か、陸路で行くのが一般的です。

 

査証は必要ですが、現在新型コロナウイルスの兼ね合いで、変動的なところがあります。

詳しくは大使館にお問い合わせください。

参照:在日インド大使館

 

ダージリン急行 (字幕版)

ダージリン急行 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

ダージリン周辺の見どころ

ダージリン市内

見どころとしては、まずは市内から見える世界第三位の標高のカンチェンジュンガ(標高8,586m)です。

たびはれが訪れたときは、かなりの晴天で、眺望が美しく、惚れ惚れとしてしまいました。

f:id:tabihare-i-s:20200628221754j:plain

聳え立つカンチェンジュンガ

f:id:tabihare-i-s:20200628221853j:plain

カンチェンジュンガ

f:id:tabihare-i-s:20200628221942j:plain

ダージリンの街並み

f:id:tabihare-i-s:20200628222039j:plain

ちなみにネパールから国境を越えてダージリンに来たのですが、国境はこんな感じでした。

f:id:tabihare-i-s:20200628222205j:plain

夕方、夕日に赤く染まったカンチェンジュンガ

トイトレイン

正式名称ダージリン・ヒマラヤ鉄道(ダージリン・ヒマラヤてつどう、Darjeeling Himalayan Railway、दार्जिलिंग-हिमालय रेलवे)です。

山岳地帯を走り、ゆっくりなスピードで走るため、おもちゃの鉄道(トイトレイン)と呼ばれています。

ただ、おもちゃのようにちゃっちいかというとそうではなく、標高の高い地域の人々の暮らしをしっかりと支えている、地域に密着した鉄道なんだと感じました。

f:id:tabihare-i-s:20200628223220j:plain

ダージリン駅

f:id:tabihare-i-s:20200628223310j:plain

トイトレイン

f:id:tabihare-i-s:20200628223340j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200628223354j:plain

f:id:tabihare-i-s:20200628223415j:plain

通学中の子供たちが、無料で(勝手に)乗っていくほど、地域に密着した鉄道なのです。

f:id:tabihare-i-s:20200628223605j:plain

時速10㎞ほどなので、途中、商店でお菓子を買ったりもできます!(笑)

f:id:tabihare-i-s:20200628223734j:plain

車にどんどん抜かされていきます!!

f:id:tabihare-i-s:20200628223814j:plain

乗りたい人は、ドンドン無賃乗車して行く列車って、なんだか素敵!!!(笑)

ちなみに、最古の山岳鉄道として、ユネスコ世界遺産に登録されています。


ダージリンでの食事は??おみやげは??

カレーを中心としたインド料理ですが、チベット系、ネパール系、中華系の影響もあるため、様々な食事を楽しむことができます。

 

チョウメンバーガー

チョウメンとは、中華料理で「炒麺」、いわゆる焼きそばのことです。

つまりチョウメンバーガーとは、焼きそばパンのこと!!

美味しくないはずがありませんし、インド料理(カレー味)に飽きた日本人の口に合わないはずがありません。

たびはれはインドを数か月周ったあとにここダージリンにやってきて、このチョウメンバーガーの味に感動した覚えがあります。

屋台ですが、何物にも代えがたい味付けが日本人の口に合ったからなのでしょう!

f:id:tabihare-i-s:20200628225726j:plain

チョウメンバーガー
モモ

チベタン(チベット)料理の代表、いわゆる餃子!!!

これも日本人の口に合わないはずがありません!!!

f:id:tabihare-i-s:20200628230120j:plain

モモ

f:id:tabihare-i-s:20200628230140j:plain

チベタン料理の屋台

f:id:tabihare-i-s:20200628230208j:plain

屋台のメニュー

f:id:tabihare-i-s:20200628230257j:plain

ダージリンの街中ではチベタン料理屋台が結構ありました。どこも日本人の私の舌からしてみたら、美味でしたー!!!
ダージリンティー

街中には、ダージリンティーを味わえるおしゃれなカフェがあり、煎れたてのお茶を堪能することができました。

f:id:tabihare-i-s:20200628230646j:plain

ダージリンティーとアップルパイ!!

f:id:tabihare-i-s:20200628230740j:plain

ダージリンティーとクッキー

街中であまーいチャイを飲むことに慣れていたので、香り豊かなブラックティーを飲めるなんて、思ってもなく、とっても美味しかったです。

街中のチャイワーラー(チャイ屋さん)も「おれのチャイは世界一のダージリンティーを使っているから、世界一だよ!!」という決まり文句で、客引きをしていました!

 

おみやげ

やはりなんといっても、世界に名高い、ダージリンティーでしょう!!

たびはれも、割と高級そうなお茶屋さんで、たっぷりお茶っ葉を購入した思い出があります。

f:id:tabihare-i-s:20200628231320j:plain

商売上手なお茶屋さん

f:id:tabihare-i-s:20200628231346j:plain

たびはれが購入したダージリンティー

この地域の物価と比べるとかなり高価ですが、日本で購入するダージリンティーよりもお買い得なものが多く、産地がはっきりしているものなので、お土産にはかなりおすすめです!


インド北東部・お茶の名所ダージリン。かわいい鉄道トイ・トレイン(Darjeeling Toy Train)にも乗ってみた!!のまとめ

今回、お茶の名所ダージリンをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

標高が高く(約2,100m)、朝晩は結構冷え込んだと思いますが、土地柄お湯が出ないシャワーはよくあり、大声をあげながら水シャワーを浴びた思い出もあるダージリン、旅行で行けないのであれば、日本で紅茶をたくさん買ってあげることで少しでも経済に貢献できればと思っています。

インドですが、インドぽくなく、ネパールやチベットの慣習、文化を受けている場所というのも旅行者にとって、魅力的に映る要素の一つなのかもしれません。

回想していて、コロナ禍が落ち着いたら行きたい場所の上位に入ってくるなーと感じました。

いつの日か、再訪できる日を楽しみに!!!

f:id:tabihare-i-s:20200628232354j:plain

インドが誇る素敵ソフトドリンク「リムカ」発がん性が高い云々噂話はさておき、苦いレモンのにおい、甘すぎない味が最高にたびはれ好みで、滞在中はたくさん飲みました。

インドの過去記事はこちら

tabihare.info

tabihare.info